Top 医療・福祉 ;>デンマーク高齢者福祉セミナーに行ってきました

2010年03月04日

デンマーク高齢者福祉セミナーに行ってきました

月曜日、こちらの地元にて『デンマーク高齢者福祉セミナー』に行ってまいりました。
会場は福祉医療関係者でギッシリ! 関心の高さがうかがえました。

 CIMG1695.JPG

基調講演はデンマークに在住で日欧文化交流学院長の千葉忠夫氏。
その方面では非常に有名な方です。

シンポジウムは千葉氏、そしてデンマークから高齢者福祉部長のゲオウ・トムセン氏と、
作業療法士のアンネ・ハンセン氏。


社会福祉国家と呼ばれるデンマークですが、そのシステムや考え方の違いを
非常に分かりやすく紹介して下さいました。かなり驚かされましたね。


印象的な部分は多々ありましたが、例えば(天井からの)リフトを日常の介護に効果的に用いていたところ。
介護者を腰痛から守るために制度面からサポートされてるんですね。

また、認知症そのものに対してはリハビリは行わないんだそう。むしろ、彼らが尊厳をもって安心安全に生活することをサポートしてくことに重点が置かれます(人員配置も1対1だそうですから!リスクに対する概念も日本とは違うわけです)。

施設の環境もとても広々としており、家具などもとても洗練されています。
それもそのはず、家具はあちらでは名産品なんですね。



詳しくは、千葉氏の『世界一幸福な国デンマークの暮らし方』にとても詳しく書いてありますので、
ぜひご参照下さい。








懇親会では、千葉先生やデンマークの両先生方と終始お話し、多くの意見交換をすることができました。
千葉先生からはご著書にサインをいただきましたよ!

 CIMG16971.JPG

最後にゲオウ氏は、「我々に出来るのだから、日本人に出来ないわけがない」とおっしゃっていました。
財源や社会の仕組みや考え方を今からすぐにマネすることは出来ない。しかし、利用者主体の考え方や
自律をサポートするという考え方は取り入れられるのではないか、と思いました。

福祉に関わるものとして、初心に戻れたような、そんな貴重な体験でした。



 b_01.gif

 
posted by アニキコーチ at 23:59 | 福島 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・福祉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック