Top 医療・福祉 ;>病気にならない人は知っている

2007年02月23日

病気にならない人は知っている

病気にならない人は知っている ケビン・トルドー著」
・・全米で900万部売れているらしい。

今読んでますが、ショックですね〜。内容としては新谷先生の「病気にならない生き方」と似ています。


医学がここまで進歩しているのに、なぜ、患者は年々増えていくのか?不思議ですよね。結局それが日本でも医療費を圧迫し、制度改正につながっている。

ここに書かれてあるような、薬品業界・食品業界の陰謀(?)が事実だとすれば、とても恐ろしいことだがく〜(落胆した顔)

ただ、この手の本に共通しているのは、「じゃ、我われはいったい何を食べて生活すればいいの?」という疑問。著者のケビン氏は言う。「私は狂信者ではない。自分で出来る範囲のことから実行していけばいいのだ。」と。


色々な本を読んで知識は入れていくが、でも実際、好きな物は好きなんですよね〜。例えば、カップラーメン。大好きですハートたち(複数ハート) でも今は月に1、2回かな。魚肉ソーセージ、明太子(←添加物の固まりですバッド(下向き矢印))、マヨネーズも大好き。メガマックは試してみたい、と思いつつ、まだ食べてない。家族でマックファーストフードに行くのも月1位かな。

でも、ウチでは牛乳はめったに買わなくなった。常に家族で飲んでるのは、ボトルの水。子供らもジュースはほとんど飲まない。コンビニ弁当もめったに買わなくなった。妻の手料理も、一工夫加えた物が多くなった。


結局のところ、あまり情報に一喜一憂せず、少しずつ食生活を改善し、それが結果的に『健康』につながればいいんじゃないでしょうか。


ところで、新谷先生の「病気にならない生き方」、新しい「実践編」がでましたね。もう1度最初のを読み直してから、買おうと思います本

   
posted by アニキコーチ at 12:50 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・福祉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック