Top 医療・福祉 ;>コミュニケーションの達人

2007年03月12日

コミュニケーションの達人

今日の朝礼はまずまずのスタート。日々変わる予定や決定事項などを、どのようにどこまで伝えると効果的なのか、本当に気を使う。


全員でのミーティングにかけるべきなのか。それとも日々の雑談的にスタッフを絞って根回し(?)をしておくのが良いのか・・・。


昨日は、本田健氏の本の一節に勇気をもらった。
「批判は、単に人が物事をどう考えているのかという意見表明にすぎない。君の価値とはまったく関係がない。」
「批判の本質は、君が前に進むための向かい風。」
「何の興味も示さなければ、君を批判することはない。君によくなってほしいという思いがマイナスに振れただけなのだから。」



良く読むビジネス書関連の中でも、最近はまたコーチングNLP(神経言語プログラミング)の本などを良く読んで、すぐにでも実践できることを吸収している。


コミュニケーションに自信があるわけじゃないのに、最終的にはやっぱり人とのコミュニケーションに最も関心があるのかもしれない。


やっぱり今年は、(多少値は張るが)NLPのコースを本格的に受けにいこうかな!それと今の医療の知識とをリンクさせて、コーチや講師などの活動が出来ないか・・。そんなことを密かに考え始めた。


それが家庭であれ、職場であれ、意思の疎通が今よりももっと、もっと円滑になったら、どんなに素晴らしいだろうぴかぴか(新しい)。いつの日か、コミュニケーションの達人になってみたいものだ・・・。


↓応援クリックお願いいたします!
banner_02.gif
posted by アニキコーチ at 21:51 | 福島 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | 医療・福祉
この記事へのコメント
はじめまして。岩手県の通所リハ事業所でPTをしております岩子と申します。
最近、兄貴さんのブログを発見し、ちょくちょく訪問させていただいております。ブログ内での率直な意見を見て、私も色々と刺激を受けております。
コミュニケーションスキルって、本当に大事ですよね。日々利用者様やスタッフと接していて、いつももっと上手く出来たんじゃないか?と考えさせられます。私は部署内で中間の立場にあるのですが、自分の意見をどう先輩方に伝えるのがベストなのかいつも悩んでいます。どこまでを主張すべきかこの境界って難しいですよね。でも、チームとして仕事を進めていく以上、意見交換は大切ですよね。
 確かにチームを生かすも殺すもリーダーのリーダシップにかかっているのかもしれまん。でも、逆にそのリーダーのリーダーシップを生かすも殺すもリーダーを支える私たちにかかっているのかもしれません。私たちに出来ること、私たちに求められていることを考えてリーダーをサポートし、チームとして最良の方向を導き出せればと思っています。(とはいっても、なかなか上手く出来ていないのが現状ですが^^;)
 まとまりのないコメントで申し訳ありません。兄貴さんのブログ楽しみにしています。また、のぞきにきます^^ 
Posted by 岩子 at 2007年03月14日 21:13
>岩子さま
書き込みありがとうございます!うれしいです。

どのメンバーの立場も重要だと思いますが、中堅もやはり大切。
>リーダーのリーダーシップを生かすも殺すもリーダーを支える私たちにかかっているのかもしれません。
その通り!岩子さんのとこのリーダーさん、幸せだな〜(笑)。多分リーダーさんも期待していることでしょう。

なにせ、チームアプローチ。立場や経験年数に関わらず、「組織が自分に何をしてくれるか」、ではなく「自分が組織に何が出来るか」だと思うんです。

そうみんなに思ってもらえる働きかけをしたいし、部下からも「あの人のためなら!」と思われる存在になりたいものですね。

ありがとうございました!!
Posted by アニキ at 2007年03月16日 21:10
はじめまして、Licoといいます。
真面目な性格なのか雑談が苦手で、
「雑談」「達人」で検索していたら、
このブログに辿り着きました。

この「コミュニケーションの達人」
という記事を参考にさせていただきますね。

僕も自己啓発関係のブログを書いています。
よかったら遊びに来てくださいね☆
Posted by Lico (System Architect) at 2007年03月22日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35806920

この記事へのトラックバック