Top 医療・福祉 ;>大田仁史先生の講演

2007年10月04日

大田仁史先生の講演

今日もクリックありがとうございます!banner_02.gif


今日、地域リハで有名な大田仁史先生の講演があったので、行ってきました。


大田先生は医師でありながら、茨城県を中心に介護予防で精力的に活動されている先生で、地域住民も巻き込んだ取り組みには非常に目を見張るものがあった。


茨城県独自の認定資格『シルバーリハビリ体操指導士』の養成プロジェクトであるとか、オリジナルな『いっぱつ体操』など、理論はもちろんだが、実践を第一に考えてらっしゃるのがよく伝わってきた。


先生の話はとにかくユーモアがいっぱいわーい(嬉しい顔)。一般的にはタブー視(でも直視しないといけない)されている死に関する話も絶妙なバランス感覚で話しておられた。自分自身が棺おけに入ったスライドなんかもありましたよ!普通なかなかそこまでアクティヴな先生はおられないでしょう(笑)。


講演の後半はその体操のレクチャーがあったが、ゆったりした動きだが、確実に効いてくるエクササイズ(結構きつい!)。よく考えられていました。


茨城県の地域リハの状況と比較するとかなりお寒い当市の状況。でもその責任は行政だけでなく、我われ専門職にもあるだろう。いったい我われは地域で何をした?


先生の著書などでもっと勉強したくなりました。早速明日からいっぱつ体操の動きを使わせていただこうかな!(名前が気になるけど・・・。)



 
posted by アニキコーチ at 22:47 | 福島 ☁ | Comment(6) | TrackBack(1) | 医療・福祉
この記事へのコメント
お久しぶりです。トラバさせていただきました。
うちの市はもっとリハ専門職が積極的に盛り上げていかないといけない状況ですね。頑張りましょう!
Posted by OT2.0 at 2007年10月05日 22:11
>OT2.0さま

書き込みありがとうございます!

あれ?もしかしていわきにいらしてた、ということなんですか?

今日早速「いっぱつ体操」を試してみました。しかし、かなり動き忘れてましたね(笑)。

本、買おーっと!
Posted by aniki at 2007年10月05日 23:23
大田先生の横で一緒に体操していたものです。
訪問業務のかたわらで、
介護予防・健康増進に関する研究をしているのですが、実際介入プログラムをやってみて、学際的に介入する必要性をひしひしと感じています。
いわきでも学際的に取り組める土壌をつくっていけたらなぁと考えているところです。
Posted by OT2.0 at 2007年10月06日 18:46
アニキさん、お久しぶりです。
アニキさんのブログ、いつも とっても参考にさせていただいてます!

イッパツ体操・・・気になりますね〜。^^

あ、あと蛇足ですが、
アニキさんのkで始まるたぶん珍しい名字
わたしの2世代前までの名字と一緒です。
なんか 方面も同じだし ちょっとご縁を感じる気が。
Posted by ひろのpt at 2007年10月06日 22:29
>OT2.0さま
そうでしたか〜!あのイケ面の方ですね(笑)?

当市で、お互いコラボして何かやっちゃいましょうか〜。
Posted by あにき at 2007年10月07日 12:49
>ひろのptさま
お久しぶりです。書き込みありがとうございます。

あの体操の動き、早くも忘れつつあり(笑)、早く本を買って復習したいと思ってます!

あれ、どうして名字知ってるんですか?ご先祖様といっしょでしたか!ルーツは一緒?!

確かに珍しいんですが、電話帳では結構いますし、こっちの地名にもあるんですよ〜★
Posted by アニキ at 2007年10月07日 12:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58889680

この記事へのトラックバック

介護予防、住民参加、リテラシー教育
Excerpt: 大田仁史先生とステージで競演 45分間一緒に[http://www.hsc-i.jp/04_kaigo/rehabili/ippatsu_top.htm いきいきヘルスいっぱつ体操]やりました。つら..
Weblog: 作業療法2.0
Tracked: 2007-10-05 22:06