2013年12月08日

本を出版する、ということ

先日、拙著「医療・福祉の現場で使える『コミュニケーション術』実践講座」の初めての印税が振り込まれていました。
(1年ごと、の契約なんです)

いくらぐらいだったと思いますか?


出版から約1年が経過し、トータル1000部近く。

印税の割合は、だいたい本の代金の10%が相場なのだそうです。

ですので、まぁ、ちょっとした額ではありましたが、喜びというか充実感もひとしおでしたね。


と同時に、これを元手に著者である私自身がもっともっと売る努力をしなくちゃいけないな、
と気を引き締め直した次第です。


具体的な行動としては、Twitterで本の一節を紹介することを再開しました。
https://twitter.com/anicoach

これ、意外に効果あるんです。

このせいかどうか分かりませんが、つぶやいた後にAmazonをチェックすると、
1冊とか2冊、売れてるんですよ(笑)


その他、来年もセミナーや研修会会場で、どんどん売っていきたいと思います。

講演で話した後、というのもまた売れるんです!

あー、なるほど、こういうことを話す人なのね、とダイレクトに認識できる訳ですから。


それと、皆さんもコンサートやライブに行った時がそうだと思うんですが、
今、目の前で歌や講演を見た感動を帰った後も追体験したいと思っている!

つまり、そのアーティストのCDやグッズを買いたいと思ってしまう!
感情が高まって、お財布のヒモも緩みますからね(笑)

私も、ライブや講演で必ず何か買いますね。むしろそれを楽しみにしています。



今年全国を廻って思ったのが、本やDVDなど、売る物があって良かったな、ということです。

逆に言うと、せっかくいい講演だったのに、それを追体験したり深めたりする物(つまり、商品)が
無いのは、何とももったいない!

みんなそのためにお金を使いたがっているのに!

俗に言う、フロントエンドとかバックエンド、ってやつです。

それを実感しました。



ですので、あなたも何か『商品』を作るといいですよ。

何だったら売れるのか? 

手っ取り早いのが、「情報(文章)」ですね。

その独自のコンテンツを溜めるためにすぐ出来ることが、例えば、このブログだったりします。




いよいよ年末になってきましたね・・

今年の私の大きな目標の1つに、『2冊目の執筆を決める!』というのがあったのですが、
だんだんタイムリミットが迫ってきております(笑)

(そういえば、電子書籍を出す!という目標もあった・・・笑)

まぁ、諦めず次々とアプローチをかけていきますよ。

専門誌などでの単発か連載の執筆もまたやりたいですしね。

必ず叶うと思います。


自身のインプットと、臨床現場での経験を融合させ、
また来年さらにグレードアップしたものを、全国の医療福祉従事者の皆さんにお役に立てるよう、
お届けしていきたいと考えております!





印税で1億円稼ぐ [単行本(ソフトカバー)] / 千田 琢哉 (著); あさ出版 (刊)
印税で1億円稼ぐ [単行本(ソフトカバー)] / 千田 琢哉 (著); あさ出版 (刊)




今日も応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ b_01.gif

タグ: 執筆 書籍
posted by アニキコーチ at 14:04 | Comment(0) | BOOK

2013年12月01日

サイン本はこちらからご購入いただけます!

昨年10月に刊行いたしました、拙著「医療・福祉の現場で使える『コミュニケーション術』実践講座」
ですが、お陰様で、各方面から大変ご好評をいただいております。

医療・福祉の現場で使える コミュニケーション術 実践講座 (医療・福祉で働く人のスキルアップシ...
医療・福祉の現場で使える コミュニケーション術 実践講座 (医療・福祉で働く人のスキルアップシリーズ) [単行本(ソフトカバー)] / 鯨岡 栄一郎 (著); 大見広道 (編集); 谷本健, 若林知恵子 (イラスト); 運動と医学の出版社 (刊)

あちこちからリクエストをいただくことも多いので、こちらのブログから直接ご注文いただければ、
私のサインを書いてお送りさせて頂くことにいたしました!(送料はこちらで負担いたします)。


もしご希望の方は、
eikujira●gmail.com(●→@に変換)

まで、件名を「サイン本購入」として、住所,お名前をお知らせください。

折り返し、振り込み先をお教えいたします。

代金は税込で2,100円となっております。


どうぞよろしくお願いいたします!



今日も応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ 人気ブログランキングへ

posted by アニキコーチ at 14:23 | Comment(0) | BOOK

2012年10月16日

「医療・福祉の現場で使える コミュニケーション術 実践講座」の感想が続々と!

今月初めから発売となった、拙著「医療・福祉の現場で使える コミュニケーション術 実践講座」ですが、うれしいことに、Facebookなどを中心に徐々に話題になってきております。

先日は、ある専門家からこのようなレビューをいただきました。


そんな中、ゆうべ三重県にお住まいの理学療法士の方から連絡があり、
書籍の紹介をFacebookにてアップして下さいました!

それをシェアいたしますね。

 写真100.JPG

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
皆様にお勧めできる本がでました!ご紹介します。

理学療法士にして日本コーチ協会認定メディカルコーチ、さらに介護老人保健施設の施設長!
初めて見たのはアメブロ?facebook?もう忘れてしまいましたが、
何じゃこりゃーって経歴にびっくりしたのは鮮明に覚えています。

鯨岡栄一郎氏の著書が発売されました。

お会いしたことはありません!facebookっていいな!って心から思った出会いの一つです。
密かにお友達になり(笑)、密かにこの本の出版を心待ちにしていました。

「コミュニケーションて大事だよね」って職場、家庭でよく言われています。
でも「なんで大事なの?」「コミュニケーションを良くするってどういうこと?」「実際気をつけているけど、これで合っているの?」これらの答えがこの本には詰まっています。具体的にコミュニケーションを大切にし、実践した結果どう実を結ぶかについては、第二弾(勝手な希望)に期待しつつ、まず自分たちの普段のコミュニケーションについて振り返るにはバイブルになり得る本です。

 この本でラポールという言葉が出てきます。フランス語で「橋を架ける」という意味だそうです。
同義語かどうか、当院では「良い橋渡し役になろう」目標をもって、ホウレンソウを磨いています。
 自分という存在が、他の医療スタッフと患者さんとの関係性を深めるために橋を架ける役割をすることができたら素敵な職員になれると思っています。そのための最強ツールは「コミュニケーション能力」でしょう!
この本はそれを正しく磨くための方法論が随所にちりばめられています。

 もう一つ紹介させてください。この本に記載されている信頼関係を築くための「あいうえお」というものがあります。これを読んで、自分の職場で信頼されている人は例外なく同じ行動をしていることに気付かされ、びっくりしました。とても簡単なことです。でも実際やっているかと言えば、、、ですよね。
僕も実践してみます。皆さんもどうぞ。

あ)挨拶
い)言い換え
う)うなずき
え)笑顔
お)オウム返し

 まだまだ紹介したい内容がありますが、もう少し暖めたいと思います。
自分もあと7回は読みたいと思っていますので、追々紹介できればと思います。
 
内容の紹介は著者ご本人に相談したところ、快く承諾してくださいました。
この場を借りて感謝申し上げます。また紹介させていただければ幸いです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご紹介、本当にありがとうございました。

事実、執筆が暗礁に乗り上げた時、このように全国から喜びの声をいただいている光景を
未来記憶として描きながら、自らを奮い立たせていました。それがまさに今、実現している感じです。

まだまだ始まったばかりですので、これからじっくりと展開していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。



今日も応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ b_01.gif

 医療・福祉の現場で使える コミュニケーション術 実践講座 [単行本(ソフトカバー)] / 鯨岡...
 医療・福祉の現場で使える コミュニケーション術 実践講座 [単行本(ソフトカバー)] / 鯨岡 栄一郎 (著); 大見広道 (編集); 谷本健, 若林知恵子 (イラスト); 運動と医学の出版社 (刊)

posted by アニキコーチ at 18:21 | 福島 | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK

2012年09月30日

本が発売になっているらしい・・

Amazonで自分の名前を検索してみますと、もうアップされてますね〜

友人のところにももうすでに届いているらしいです。

 医療・福祉の現場で使える コミュニケーション術 実践講座 [単行本(ソフトカバー)] / 鯨岡...
 医療・福祉の現場で使える コミュニケーション術 実践講座 [単行本(ソフトカバー)] / 鯨岡 栄一郎 (著); 大見広道 (編集); 谷本健, 若林知恵子 (イラスト); 運動と医学の出版社 (刊)


しかし、肝心の著者がまだ現物を見たことがないのですが!!(笑)

少し気をもんでおります。


12月8日(土)午後には、この出版記念のセミナーも東京で開催されることが決定しております。
http://motion-medical.co.jp/?pid=49244928


10月20、21日に広島県福山市にて開催される、「日本通所ケア研究大会」の会場においても、
販売されるはずです。


いよいよ始まりました。ワクワクしてきましたよ!


臨床でのコミュニケーションに課題を感じている方にとっては、
何かしら役に立つヒントが載っていると思います。

非常に分かりやすくまとめてあるのが特徴です。


ぜひご興味のある方は、お手にとっていただけましたら、幸いです。

応援どうぞよろしくお願いいたします!!



今日も応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ b_01.gif

posted by アニキコーチ at 21:49 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK

2011年11月11日

「未来記憶」出版記念講演会へ

先日、あの池田貴将氏の『未来記憶』出版記念講演会に行ってまいりました。

 未来記憶 [単行本(ソフトカバー)] / 池田貴将 (著); サンマーク出版 (刊)


しかし、これはもはやムーブメントですね。
話すこと話すことがドッカンドッカン受けておりました(笑)
新ネタ続出で、池田さんもますます舌好調といった感じです。

 写真6.JPG 


「目標達成に対する5つの誤解」の部分をシェアすると、

・目標とは、「今」を変えるもの
・人生の目的はどんな人に成長するか。結果はそれにふさわしい人に達成される
・成長が先、達成が後
・目標とは、それ自体に取り組む価値があるかどうかで決める
・目標の期日とは、成長速度の目安である


等など、改めて目が覚めるような思いがしました。

年末になり、少々停滞気味の自分の目標もそろそろバージョンアップしていきたいと思います。


計画したことと現状とのギャップ、というものは常にあるものですが、
池田氏曰く、そこで
「学びますか? 学びませんか?」
その振り返りを小刻みにすればするほど、学ぶチャンスの連続なのですね。


来年、池田氏は2〜3冊の出版を控えているそうです。

丁度この時期に参加できて、自分の現状を振り返り、ネジを巻きなおすことができました。
年末に向かって、また進んでいきます!




 写真5.JPG 


 写真.JPG

なんと下記URLから未来記憶に関する貴重な音源が無料でこちらからダウンロードできますよ!
(2つとも違う音源なので、ぜひ両方ダウンロードすることをお勧めいたします。)

http://www.ikedatakamasa.com/miraikioku_onsei.html
http://www.facebook.com/ikedatakamasa?sk=app_197591856954621



今日も応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ b_01.gif

posted by アニキコーチ at 23:46 | 福島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK

2011年10月16日

うぬぼれの法則

人が危険に陥るとき、というのがあるそうです。

運命の法則 (ゴマ文庫) [文庫] / 天外 伺朗 (著); ゴマブックス (刊)
運命の法則 (ゴマ文庫) [文庫] / 天外 伺朗 (著); ゴマブックス (刊)

どういったときにそのような危険に陥るのか?

それは、

何かがうまくいったとき、

大成功したとき、

すごい能力が身についたとき、

多くの人から賞賛されたとき、

ファンが大勢できたとき

だそうです。


なぜかというと、そういうとき、人にはどうしても「うぬぼれ」「思い上がり」の感情が出てくるから。

多くの人が3,4年もするとそれで転落するのだそうです。



しかし、それは何か物ごとを進めていく上で、結構うらはらなものではないか、とも思う。


やはり、そこで大事なのは、

「謙虚さ」

「感謝」

「目的」


ではないだろうか。


自分はまだまだそうなるようなレベルですらないが、気を付けていきたいと思う。



今日も応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ 人気ブログランキングへ

タグ:運命の法則
posted by アニキコーチ at 05:35 | 福島 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | BOOK

2011年10月06日

未来の記憶をつくる

私の身の回りでも、池田貴将氏著の『未来記憶』が話題になっているようです。

 未来記憶 [単行本(ソフトカバー)] / 池田貴将 (著); サンマーク出版 (刊)

今日も、Facebookページからダウンロードした「未来記憶作成シート」にて、
ある物事に対してもっと行動の推進力を得るために、未来記憶をつくっていました。


セミナーは連日大盛況、本も増刷と今をときめく池田氏ですが、
私が彼に一番最初に出会ったのは、2009年2月でした。今の展開をしていくまさに前夜の時期です。
1DAYセミナーに2日続けて行ったんですが、確か両日とも参加者10名はいなかったように記憶しています。

言っていいのか、この頃は実は池田さんはセミナーの時に、あるアクション(「オ―、イエス!」ってやつ)をまだやっている頃であり、Youtubeの映像もそれでバンバンアップしている頃でした。
私はその映像の大ファンで(笑)
アンソニーロビンズのセミナーに行っている時にアップしている映像もあって。
本当に激熱でした。

でもその頃を最後に、その芸風(?)は封印することになりました。
これも貴重なものをリアルタイムで見れました。


その後、私はスタートしたばかりのエグゼクティブコースの1期生、マスターコースの2期生として、
数ヶ月間、毎月東京に通うことになります。
この頃は小さめのセミナールームで、本当に毎回参加者数人の少人数制でした。

まさに朝から晩まで教わる、といった感じで。お昼も近所に一緒にお弁当を買いに行く、
といった今では考えられないようなことをしていましたし、このシリーズの最終回は、
他の参加者の休みが重なり、なんと池田さんと私のマンツーマンのセミナー(笑)という、
通常ありえないレアな経験もしました。

実は、この2009年の学びが、今の私の考え方に非常に影響を与えています。
学んだことをコーチングに取り入れたり、講演コンテンツを徹底的にモデリングしたりしました。
現場での実践もとことんやりました。

自身の状況がガラッと変わってきたのはこの頃です。


2010年5月に受講した時に、初めて「未来記憶」という言葉が出てきました。
実はこのとき、現福祉医療コーチング研究会事務局の赤瀬氏と初めて出会い、お互い最前列で受講しました。これがきっかけで、私はその年の後半から東京進出が果たせたることになります。

(ちなみに、この時やった未来記憶のワークを、その週、私はそっくりそのまま職場のリーダー向けに行いました。)

この頃はもう池田さんのセミナーは大盛況、今年2月に行ったときは有名人も多数来ていました。


そういえば、私は池田さんのCDプログラムも相当聴きましたね〜!
超レア音源も持っています。多分、日本で一番聴いた自信がありますよ(笑)


確か3月13日位だったか、被災直後、正直多少動揺している時に、池田さんとFacebookでチャットをしました。それはもの凄い叱咤激励でした。確か、今していることは日本の未来につながっているとか、
まさに未来記憶のことを言われて。それで私自身スイッチがバチッと入り、覚悟が決まったんですね。
その意味でも恩人なんです。


実は今では、公式ホームページにおいても、こんな形で紹介されてるんですよ!(笑)


 コピー 〜 CIMG3291.JPG


これからも、心の師として、友として、常に刺激をもらい、学ばせてもらいたいと思っています。
そして、ファンの1人として、さらなる飛躍を楽しませてもらいますよ!




 
 2009年頃の動画。今のスタイルとかなり違います(笑)!


今日も応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ 人気ブログランキングへ

posted by アニキコーチ at 23:43 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK

2011年09月26日

エクセレント・老健

最近、書籍 「エクセレント・ホスピタル [単行本] / クィント・ステューダー (著); 鐘江 康一郎 (翻...

 エクセレント・ホスピタル [単行本] / クィント・ステューダー (著); 鐘江 康一郎 (翻訳); ディスカヴァー・トゥエンティワン (刊)

を読んでいる途中なのですが、非常にショックというか刺激を受け、
職場での自分のあり方を改めて見直した次第です。

そして早速今日そんなスタンスで動いたら、
かなり良い具合に1つ1つが成果に結びつく行動ができました。

やろうと思えば、出来るんですね(笑)

生意気なことを言うと、私は自分の持っている力をついつい出し惜しみする傾向があります。


この本では、冒頭で著者がコンサルティングするとき、全ての病院に対して、
「その国で最高の病院を目指すように」と言い続けているそうです。
「良い」ではダメで、「最高」でなければならないそうです。

今すぐ、自分が設定している基準をもう何段階か引き上げなければいけません。


組織に所属する者としても、個人としても、持てる力を存分に発揮し、
「最高」を目指していきたいと思います。



今日も応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ 人気ブログランキングへ

posted by アニキコーチ at 23:59 | 福島 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | BOOK

2011年08月26日

神話となるチームづくり

実はここのところ、ずっと掛かりきりの案件がありまして、なかなか本来やるべきことが
おろそかになっている感もあるのですが、

(いや、今やっていることこそ、まさに私がやるべきことの最たるものではあるが・・)

もう少しで目処がつくはず、必ずそうしたい、と思っています。


そして、それが一段落したら、今年後半からは、また改めてチーム作りに着手したいと思っています。

この本を読んでいて、そんな思いを新たにしました。


 「仕事ごころ」にスイッチを!―リーダーが忘れてはならない人間心理の3大原則&実践術 [単行本]...
 「仕事ごころ」にスイッチを!―リーダーが忘れてはならない人間心理の3大原則&実践術 [単行本] / 小阪 裕司 (著); フォレスト出版 (刊)


特に、『人の心にスイッチを入れる人間心理の3大原則』はシンプルですが、
とても素晴らしいと思いました。知っていてもおろそかになっていたこと、でした。

人がやる気になることって、そんなに複雑で論理的で難しいメソッドとかではない。
実はかなりシンプルなこと。
ただし、それをきちんとやり続けることは、簡単ではない。


これから、まさに「神話となるチーム」「伝説のチーム」を目指して、自ら実践していきたいと思います。


また、これからは「コーチング」という用語を使わずして、そのような手法や考え方を
実践し、広めていきたいな、ということも、ふと思い付きました。

やります!



今日も応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ 人気ブログランキングへ

posted by アニキコーチ at 01:36 | 福島 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | BOOK

2011年08月03日

勇者の旅・・

前回は、私が影響を受けていることわざの話を紹介しましたが、
今回は私がもう一つ、非常に影響を受けている考え方をご紹介いたします。


こないだの土曜日は珍しく、トランスフォーマー / リベンジのTV放映を観ておりました。
CGの超リアルで豪快な変形シーンに興奮し、久々に娯楽映画を楽しんでしまいました。

ところで、ああいった映画のストーリー展開はだいたい決まってると思いませんか?
スターウォーズ、ハリーポッター、アバター・・・
ストーリーは何となく予測できるのに、ハラハラ・ドキドキし、最後には感動する。


実は、世界の神話や英雄伝説に共通する冒険のパターンというものがあります。
世界中の神話や伝説を研究した学者、ジョセフ・キャンベルは、世界の英雄伝説には共通した構造が
あり、それは人間の成熟への過程を物語っている、と述べています。
(この研究は、ハリウッドの映画や演劇に大きな影響を与えたそうです。)


『旅立ち』の段階
@使命
 自分の使命に関する天の声を聞く。その声を受け入れることも、無視することも、あなたの選択次第。
使命とは、自分を超えたものに貢献すること。天の声とは、自分の心の底から本当にしたいこと。
天の声が聞こえるのは、自分にその準備ができたことの証拠です。
自分のあるべき姿が見える、自分が目指すものが現れる、それが天の声です。

Aメンター、仲間
 天の声を受け入れる決意をすると、守護者(メンター)や旅の仲間が現れる。
今までメンターと思ってなかった人がメンターになることもある。

B越境
 境界を超える。これは自分自身の枠を超えることでもある。境界を超えると新しいステージに入る。
そこでは成長や進化が求められる。そのため、今までの世界では意識すら出来なかったものに出会う。
今まで気が付かなかった自分の資質を発見する。
 境界を超えて新しい世界に入ると、そこは今までコントロールできたものができなくなる世界。
様々な価値観に出会い、今までの自分に対する認識が変わり始める。


『試練』の段階

C試練
 悪魔(ハードル)に立ち向かい、それを自分のリソース(資源)に変える。
ハードルは自分がさらに強く大きく成長するために目の前に現れる。
 神話の世界では、悪魔は様々な形でやってくる。あるときは明らかに悪魔の顔をして、
あるときは仲間のような顔をして、あるときは姿を見せずに。これらの悪魔は人間の無意識のたとえとして描かれている。英雄はここで悪魔と戦うことで、自分の無意識力を知り、無意識の力と折り合いをつけることを学ぶ。

D新しい世界観
 新しい世界観を創り出し、新しい生き方を始める。
 これらの試練を経験し、新たな自分を発見し、自分の無意識との折り合いのつけ方を学ぶことで、
英雄は新しい価値観に基づく、新しい生き方を始める。


『帰還』の段階
E帰還
 成長した人間として「宝物」をたっぷり持って故郷に帰り、村の役に立つ。
 英雄が帰った故郷はお祭り騒ぎ。英雄がもたらす新しい世界観は、故郷の村をも新しい世界に変えていく。英雄がさらに新しい冒険に出かけるか、村にとどまりリーダーとして暮らすかは、それも自分で選択することである。


いかがでしょうか?

このストーリーになぞらえると、あなたの人生や今の状況はどの段階にあたるでしょうか。

このように大局的にとらえると、今の状況に対するとらえ方も、また変わったものになりますし、
これからどうなっていくかの心の準備にもなります。


今が大変だったとしても、それはもしかすると、これからのストーリーが面白くなるための前振りなのかもしれません。映画は主人公がピンチになればなるほど面白くなりますよね(笑)?

この人生、どうせだったら、思いきりドラマティックな映画に仕立ててみるのも、悪くないかもしれませんよ!



今日も応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ 人気ブログランキングへ

(参考・引用)
 NLPでリーダー脳力をグングン高める法 [単行本] / 武井 一喜 (著); ヴォイス (刊)
 NLPでリーダー脳力をグングン高める法 [単行本] / 武井 一喜 (著); ヴォイス (刊)

posted by アニキコーチ at 14:58 | 福島 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK

2011年05月11日

時代の転換期

今日はちょうどあの日から2ヶ月。そしてあの日から1ヶ月です。
まだたったそれだけ?!という感じもいたしますが・・

小さな余震はほぼ毎日ですが、今日も何もないことを祈っております。



ところで、言うなれば、今はまさに時代の転換期。


かのドラッカー氏は今から数年前にこう語っていたといいます。

(軽々しく予言めいたことを口にすべきではないが、と前置きしつつ)
従来の世界とはまったく異なった世界が、いま私たちの眼前に登場しつつある。

今後30年間続くこの転換期は、非常に困難で苦しい時期となるだろう。

新しい秩序へと向かう混迷した世界の中で、

重要な役割を担う2つの国がある。

その1つが、あなたたちの国、―すなわち日本である、
と。



これからは、従来の常識ややり方、考え方、枠組みはより通用しなくなり、
文字通り新しい世界になっていく。いや、そうならざるを得ない。

そして、明治維新や第二次世界大戦後がそうであったように、
きっとこういった最中に(だからこそ)、新たなリーダーが生まれるのだろう。


今、幸か不幸か、私たちはそれをリアルタイムで感じている。

ビビっている暇はない。

単に復興ということだけでなく、みんなが幸せな新しい世界を創っていく。

きっとそれが、日本にいる私たちに課せられた役目なのだろう。



今日も応援クリックありがとうございます!
 にほんブログ村 経営ブログ コーチへ b_01.gif


 ドラッカーの遺言
 ドラッカーの遺言

タグ:ドラッカー
posted by アニキコーチ at 12:51 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK

2011年04月10日

コヴィー博士『7つの習慣』

突然ですが、あなたに質問です。

もし、一つだけ道具が持てるとしたら、次の3つのうちどれを選びますか?

 1.コンパス(方位磁石)
 2.時計
 3.靴磨き

答えは出ましたか?

おそらく、あなたは「コンパス」と答えたのではないでしょうか?

しかし、私たちは日々の生活の中でコンパスを持たず、
時計だけを見ているということが少なくありません。

やらなければならない事柄を能率・効率で果たすことで精一杯。

しかし、その状態を続けていたとしても、
本当に大切な方向に向かって進んでいなければ、、、

何年も経った後に、間違った方向に進んでいた、
ということに気付かされるかもしれません。


「7つの習慣」コヴィー博士は、こう言っています。

「多くの人たちは、ハシゴを登りつめて、
初めてそれがかけ違いだった事に気づいてしまう」


「どこにハシゴをかけるのか」というのが、私たちの「コンパス」。

そして、そのハシゴを能率・効率良く登っていくのが、
私たちの中の「時計」です。

この両方が必要なのですが、どちらが必要か?と言えば・・・、

まず"コンパス"で正しい方向を確認しなければいけませんよね?

次の質問に対して、あなたの答えはどのようなものになるのでしょう。

・今、私はどこに向かって進んでいるのだろう?
・私の人生の目的はなんだろうか?
・私が本当に達成したいことはなんだろうか?

こういったことを、考える事は、
あなたの人生、キャリアにおいてとても大切なことだと思いませんか?



PS.
今日、紹介した「7つの習慣」は、世界で2000万部以上売れている本です。
その「7つの習慣」をより深く理解するためのDVDが発売されました。

・「7つの習慣」の理解をもっと深めたい・・・
・本は分厚くて、難しいので、なかなか読む時間と気合がでてこない・・・
・自分の人生と、真剣に向き合いたい・・・

と感じているなら、このDVDはかなりオススメです。

今、期間限定で特別割引価格で買えますので、
興味がある人は、今すぐここからチェックしてみて下さい。
http://123direct.info/tracking/af/127285/vyJJZf0a-S5niK8xv/



日本でも累計130万部を売り上げるベストセラー。38ヶ国語に翻訳。

さらに、
・2002年のフォーブス誌
「もっとも影響を与えたマネジメント部門の書籍」のトップ10
・チーフ・エグゼクティブ・マガジン誌
「20世紀にもっとも影響を与えた2大ビジネス書」のひとつ
・2008年のプレジデント誌
『どの本&著者が一番役立つか』という特集の1位に選出

現代において、最も読まれ、最も称賛されている本
「7つの習慣」がDVDになりました。
http://123direct.info/tracking/af/127285/vyJJZf0a-S5niK8xv/

なんと今、キャンペーン中で、特別価格で買う事ができます。


「7つの習慣」の内容を、より深く、そして、分かりやすく伝えてあるDVD。

既に何度も読み返したファンにとっても、
また、これまで読んだことのない人にとっても、
簡単に理解でき、深い気付きを与えてくれます。
http://123direct.info/tracking/af/127285/vyJJZf0a-S5niK8xv/


その他、たくさんの映像やスライドを使い、
7つの習慣のメッセージをより、リアルに体験できるDVD。

興味のある方は、特別価格で買える今、必ずゲットして下さい。
http://123direct.info/tracking/af/127285/vyJJZf0a-S5niK8xv/



7つの習慣のDVDが登場!期間限定キャンペーン中


7つの習慣―成功には原則があった! [単行本] / スティーブン・R. コヴィー, ジェームス...7つの習慣―成功には原則があった! [単行本] / スティーブン・R. コヴィー, ジェームス スキナー (著); Stephen R. Covey (原著); 川西 茂 (翻訳); キングベアー出版 (刊)

posted by アニキコーチ at 22:57 | 福島 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK

2011年03月10日

名将の言葉学

先日の東京出張の際、たまたま購入いたしました。

今回は、まさに今の私にピッタリの内容でした。リーダーの方には、オススメです。

 写真.JPG

今号は、サッカー日本代表を始めとして、様々なスポーツにおける監督や指導者が
いかなるコミュニケーションによりチームを、そして選手を勝利に導くのか。そんな特集でした。


特に、ザッケローニ監督率いるサッカー日本代表の躍進の秘密がよく分かりました。
非常に興味深い内容でした。

ここでは、まさに「人心掌握術」と言っていますが、
選手個々人に合わせた監督のそのコミュニケーションの巧みさですよね。

とにかく、1対1の話し合いはよくするのだそう。

それにより、控えの選手達もいつの間にか鼓舞され、この監督のためなら、と思っている。
好きになっている。結果、チームとしての一体感を増している。


「お前のことは常に見ている。だから信じてプレーしろ。」というメッセージが常に背後にある。

まさにコーチングにおける「承認」感にあふれた関わりですよね。


もちろん、監督の戦術云々、ということも色々とあるのでしょうが、
ここでもやはり、最後はコミュニケーションなのだな、ということを感じました。



この記事を読みながら、今の自分に足りないこと、忘れていたことを思い出し、
気持ちを新たにした次第です。

これ以降、早速現場で色々と実践しています。

ザック監督をモデリングし、この調子でいきたいと思います!



今日も応援クリックありがとうございます!
 にほんブログ村 経営ブログ コーチへ b_01.gif

 Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2011年 ...
 Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2011年 3/10号 [雑誌] [雑誌] / 文藝春秋 (刊)

posted by アニキコーチ at 05:20 | 福島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK

2011年01月20日

イチローの食卓

表紙とテーマに惹かれて、久々にSports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2011年 ...を買いました。


イチローの尋常じゃない食へのこだわりエピソードがたっぷり語られていて、面白かったですね。

イチローは奥様の作った特製カレーしか食べない、と半ば都市伝説的に言われてますが、実は・・・?

 写真(4).JPG


他にも、私が大好きなカズ選手の食に関するインタビューも非常に興味深かったです。
現役でい続けるために、そこまで徹底するんですね・・



私は、走るようになってから、(なかなか徹底はできませんが)食に関しても関心が出てきました。

今回の色んなアスリートのインタビューなどを読むと、「各栄養素バランス良く食べなければならない」
という、近代につくられた「栄養学」の常識って、実際はどうなんだろう?という気になってきます。


私のテーマとしては、もっと体の声に耳を傾けて、「今何をどの位欲しているのか?」に沿いたいな、
と思います。

大して減ってもいないのに、時間だから、といって多めに食べたりしてますから・・


私の妻はそのような本をよく読んでいて、いつも何やら我われとは違う物を食べたりしています(笑)

私の知るある医師は、1日1食を心がけていて、
非常にアグレッシブに活動されている方もいらっしゃいます。


日常口にする物そのものが自分自身ですもんね。

何だか去年あたりから体年齢的にも曲がり角になってきているようなので(汗)、
運動と食事の両面から考えていきたいですね。




今日も応援クリックありがとうございます!
 にほんブログ村 経営ブログ コーチへ b_01.gif


 Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2011年 1/27号 [雑誌] [雑誌] / 文藝春秋 (刊)


posted by アニキコーチ at 18:49 | 福島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK

2010年12月29日

OTジャーナルに掲載されてます!

作業療法士のための専門誌、OTジャーナル1月号に、私の書いた記事が掲載されております!
http://www.fujisan.co.jp/Product/988/b/622297

 CIMG2802.JPG

これから6月号までの連載です。

ぜひご覧下さい。



それにしても・・内容を全編よく読んでみますと、OTジャーナルって面白いですね(笑)

私はこういう作業療法的考えが好きなのかも、と改めて思ってしまいました。




今日も応援クリックありがとうございます!
 にほんブログ村 経営ブログ コーチへ b_01.gif

 

posted by アニキコーチ at 12:54 | 福島 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | BOOK

2010年09月09日

怒らない、ということ

書籍「田中角栄の実践心理術―敵をも味方に変える心理テクニック」を読んでおりましたら、
こんな一節がありました。

 写真(2).JPG

(抜粋してご紹介いたします)
竹下登氏は総理時代に、ごく親しい人に対して、
「私には信念がある。人前では絶対に怒らないようにしているんだ。」
と呟いたことがあったという。

「なぜ、そのような信念をもつようになったのですか?」

「怒ることが一番まずいんだよ。怒ると、何もかも失うんだ。
それをほとんどの人間は知らないで生きている。だから怖い。

「怒らないという信念は、自分に勝つということだから。どんなことにも怒らない。
人の話はすべて聞く。どんな人とも付き合う。しかし、絶対に怒らない。
その信念を30年以上も私は貫き通してきたから、今(総理)がある。」

誰に対しても怒らない。ということは、批判もしない、ということ。

「例えば、今ここにいないAという人の悪口を私が言ったとする。すると、早ければ5分で相手には
伝わっている。遅くとも夕方には伝わる。ところが、誉めたことは、一向に相手に伝わらない。
何ヶ月経っても伝わらない。世間とはそういうもんなんだ。」
竹下はしみじみと語ったという。



日本のトップリーダーとして、そういうことを実践されていたんですね。
この一節を読み、ガツンとやられました。

そこを言うと、私は何度自分に負けてきたことか・・ 「怒ると何もかも失う」んですね・・

人によっては、「時として怒っている感情を示すべきだ」ということを言う人もいますが、
それはおそらく違うんでしょうね。そうしなくてももっと効果的な方法がある。


明日からまたそんなことを意識して、生活していこうと思います!



今日も応援クリックありがとうございます!
 にほんブログ村 経営ブログ コーチへ b_01.gif
posted by アニキコーチ at 22:26 | 福島 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | BOOK

2010年06月24日

リーダーシップ

私が普段お世話になっている方の愛読書を早速購入。夢中になって読み進めています。

 写真(4).jpg

なんと1970年発行と40年前の本。私とほぼ同じ歴史ですね(笑)


第一章の1行目に、こう書かれています。

『今日いたる所で、すぐれたリーダーを一人でも多く望む声が聞かれる。』

まさに『今』もそうではないのか?! いつの時代も共通したテーマなのかもしれませんね。


今でも色あせぬ、いや、今だから通じるリーダーシップの原理原則・リーダー論が書かれており、
久しぶりに素晴らしい本に出会った!という感じです。


最近、リーダーさんたちとの面談を通じて、人それぞれ色んな形のリーダーシップがあり、
何も私のやり方を押し付ける必要はない。みんなの持ち味をさらに伸ばしてあげられれば・・
と改めて思った次第です。

日々色んなことを考えさせられますね。



今日も応援クリックありがとうございます!
 にほんブログ村 経営ブログ コーチへ 人気ブログランキングへ


リーダーシップ (1970年)

リーダーシップ (1970年)

  • 作者: O.ティード
  • 出版社/メーカー: 創元社
  • 発売日: 1970
  • メディア: −


posted by アニキコーチ at 14:37 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK

2010年01月05日

辻秀一先生からご著書をいただきました!

お正月早々、ビッグなプレゼント!

あの『スラムダンク勝利学』で有名な、スポーツドクターの辻秀一先生から、
なんと3冊もサイン本を送っていただきました!

 CIMG0289.JPG


辻先生と言えば、「フロー理論」が有名。

「フロー」とは、ある事柄に対して、揺らがず安定し、最適な判断を下し行動できる心の状態のこと。
時間の感覚を忘れるほど仕事が楽しく、その状態がもっとも創造的で生産性が高いと言われています。

例えば、ストレスや鬱の問題、組織の活性化、ライフワークバランス等々、企業が抱える様々な問題に
対しての全ての答えが、「フロー」にあると言っても過言ではない、と先生はおっしゃっています。


ちょうど今、先生の別な本を購入し読んでいたところだったのですが、
これは本腰入れて読み進めてみたいですね(笑)


辻先生、本当にありがとうございました!!感謝いたします。


■公式ウェブサイト⇒http://www.doctor-tsuji.com/



 blogram投票ボタン

 
posted by アニキコーチ at 12:52 | 福島 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | BOOK

2009年07月17日

味わいつくす?!

先日、久々にamazonにて本をまとめ買いしました本

よく、アウトプットの重要性や効能については語られていることですが、特にアウトプット前提のインプット、というのが学習法としてはかなり効果的ですよねグッド(上向き矢印)


今、自分に必要な情報は何か?それはどこにあるのか?どれとどれが統合できそうか?
どの辺をどう紹介したら、みんなの役に立つか・・・

↑ただ読むのと視点が全く違います。


これまでブログ中でも何度か紹介してますが、私は今はあれもこれも、という多読はしません。
好きな本これはという本何度も繰り返し読みます。


すると、いつも思わぬ発見があったり、新たな気付きがあったりするんですね。この瞬間がいい!
オーディオ音源もそう。以前は耳に入ってこなかった部分が飛び込んできたりする音楽
文字と音の相乗効果がいいですね。



また、アウトプットといっても何も人前で話すことばかりでなく、本に書いてあることを実際にやる、ということも重要です。このようにブログで紹介することもいいですね。
ただ知識の量を増やしても・・・?冊数を増やしても・・・・?


コーチングとかNLP関連の本ですと家に30〜40冊位はあると思いますが、また色々と読み返して研究?する必要性を感じています。以前今イチと感じた本の中にも、何かお宝が埋もれているかもしれない・・

まさに、噛めば噛むほど・・・



 blogram投票ボタン

 

posted by アニキコーチ at 23:10 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK

2009年05月07日

アンソニーロビンズ関連の本

私が常に愛読しているアンソニーロビンズの本・CDです。

どれも非常にパワフルですよむかっ(怒り)


           


※アンソニーロビンズが伝える≪最重要・五大原則無料レポート≫
今なら無料音声つき!
ダウンロードはこちら→http://www.ikedatakamasa.com/report01/



 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
posted by アニキコーチ at 12:59 | 福島 | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK