2013年11月20日

研究発表して下さいました!!

今年の4月26日に、静岡の某病院にて院内研修をさせていただいたのですが、

この時の研修をもとに、理学療法士の日高雅大さんが、
第29回 東海北陸理学療法学術大会にて、演題発表して下さったそうなのです!

演題は、『当院セラピストにおけるコミュニケーション・指導の意識調査』


もともと、この病院では臨床経験5年目以下のセラピストが約半数を占め、
経験年数が浅くても後輩の指導が求められていた。

先輩―後輩間の指導が行き届いていないため、ストレスを感じる人が多く、
事前アンケートにおいてもコミュニケーション不足が明らかとなった。

そこで、今回私によるコーチングセミナーを実施し、
セミナー前後でコミュニケーションと指導に変化が見られた、という報告。


セミナー前にアンケート調査を実施。
そしてセミナーを実施1ヶ月後に再度アンケート調査を行ったところ、

@具体的な指導方法では、承認・傾聴・伝達スキルの意識が高まる傾向にあった。

A理想とする指導時間と実際に必要な時間の誤差が縮まる傾向にあった。

Bただ、依然自分の指導に満足していないセラピストが9割を占める。


という結果が出たそうです。


確かに、実際のところ、1回だけのレクチャーで、組織や個人に変革を起こすことは難しい。

しかし、今回の発表でポイントになるのは、それを分かった上で、
アンケートを通じて、個人が「意識したコミュニケーション」をとるいい動機づけにつながった
という点です。


スキルをきちんと体得して実践というのは難しいのですが、
いつもより「意識する」だけで、コミュニケーションや関わり方は変わります
そのとてもいいきっかけになったと思います。


日高さんにもアドバイスしましたが、今後は、

・実際上、コミュニケーションを良くするための何か(トレーニングとか?)するのか?
・みんながどんな思いを持っているか、を言い合うディスカッションをする
・この取り組みを通じて、どうなることを目指すのか?


あたりに発展していくと、さらに良いのかな、と思いました。



とにかく、
まずこのように部内・院内の改善のためにコミュニケーション技術に関心をもって下さったこと。

そして1つの研修会をこのように活用して、皆に意識づけし、調査を行いまとめあげて下さったこと。

このような若い療法士がいることに驚かされました。


日高さん、この度は本当にありがとうございました。

これからのさらなるご活躍をお祈りしております!!






 image_1366995055812299.jpg



今日も応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ 人気ブログランキングへ

posted by アニキコーチ at 12:51 | Comment(0) | リハビリテーション

2013年11月14日

人生に戦略が必要な4つの理由とは?

恐るべき記録を持つある男が「人生に戦略が必要な4つの理由」
無料動画で公開しています。


その男の記録とは、、、

書籍は全世界で3,000万部の大ベストセラー

オーディオ学習システムは、現在までに4,000万セット以上の世界的セールス

世界的な教育イベントであるTEDに参加した時の映像は、
2012年の視聴ランキングで、世界6位


などなど、とにかくすごいんです。


その怪物のような男の名前は、アンソニー・ロビンズ

来年4月の来日セミナーに私もすでに申込み済みです(笑)


アンソニー・ロビンズは、言わずと知れた世界的な指導者のメンターであり、
元アメリカ大統領ビル・クリントンを初めとした
多くの超VIPをクライアントとしています。


そんなアンソニーの、「人生に戦略が必要な4つの理由」
の動画を無料で公開しています。


あなたは、今までの人生をどれくらい「戦略的に」生きてきましたか?

そしてあなたの人生は、どれくらいあなたが望んだものになっていますか?


もしもあなたが、「今より少しでも人生を良くしたい」と思っているのなら、
このアンソニー・ロビンズが語る「人生に戦略が必要な4つの理由」を
ぜひご覧ください。

きっと今のあなたに必要なもののヒントが見つかるはずです。


今すぐ無料で視聴できます。
http://123direct.info/tracking/af/954432/AdqKX3e3/




今日も応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ b_01.gif

posted by アニキコーチ at 17:19 | Comment(0) | リハビリテーション

2013年10月20日

あなたってどんな人ですか?

あの狂乱の東京セミナーから1週間が経ちました。
http://ameblo.jp/question-therapist/entry-11636523888.html

私はセミナー音源の編集やCD作成作業をシコシコとやっている最中です(笑)

あれから、新たな一歩を踏み出した方たちが多数いらっしゃいます。


あの日、両講師共通のテーマとして、「セルフイメージ(自己イメージ)」
「セルフエフィカシー(自己効力感)」ということが挙がりました。

つまり、自分のことをどういう人間だと思っているのか
そして、どれ位自分のことを信じているのか
ということです。

それらはいわゆる『自信』ということに繋がり、ひいては『パフォーマンス』につながる訳です。

常に成果を出し続けている人は、これを常に高く保つことに余念がありません。
少なくとも、不用意に下げてしまうようなことは一切しません。

私もそうです。常に言葉使い身体の使い方焦点を調整し、自己イメージを高めています。

これは、安易なポジティブシンキングとは全く別物です。


これは、実は自分が決めさえすれば、いかようにでも設定可能なんです。
私がよく言うのは、「どういう体(てい)でいくか。」ということです。
俳優ではありませんが、自分がどういう設定で仕事であれ、何であれ、
「どういうふりをしていくか。」ということです。

『私は日本一の治療家だ』という体でいくのか、『皆に喜びと変革をもたらすリーダーだ』という体でいくのか、「そんな大それた人間じゃない」「まだまだ勉強中の身だ」「オレはただのしがないオヤジだ」というイメージなのか。

あなたはいかがですか?


これらは、頭の中のイメージであって、勝手に考えることは自由ですし、だからと言って横柄になれとか、
自己中になれとかの話でもありません。しかも、これにお金は全くかかりません。

そして、この日常の小さな積み重ねが、
やがては自分をどうどのくらい信じるかという、『信念』に変わるわけです。
これはあまりにも大きい・・


ぜひぜひ、自分はどういう設定で振る舞っていくのか。
そんなことに思いをめぐらせてみて下さい。

今すぐ変われます。



今日も応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ 人気ブログランキングへ

posted by アニキコーチ at 07:30 | Comment(1) | リハビリテーション

2013年04月20日

自分の行動を自分で変える秘訣

例えば、ダイエットであるとか、夜更かしであるとか、運動の習慣であるとか、読書であるとか、
頭ではやった方がいいとは分かっていても、なかなか習慣化できないことって、多いものです。

ですが、やはり自分の行動を変えられないのに、人のコーチというのも矛盾しています(汗)

それとこれとは別、という感じで、自分のことって、やはり難しいものです。


そんな中でも、私はセルフコーチングの技術を駆使して、できるだけ行動をより良く変えようとしています。

よく知られている『人は痛みを避けて、快楽を得る』という言葉があります。

何だかんだ言って、今のその行動に快楽を感じているから、それが習慣になっている訳です。

ということは、新しく変えようと思っていることが、今のそれよりはるかに「快」感情を感じなければ、
到底続く訳がありません。

そこで私は、その新しい行動に対して、より自分の中で「快」感情を増幅して感じてみる

また、今の行動が続くことに対する「痛み」を増幅して感じてみる

そのようなことを実際に行い、行動をすんなりと定着化しています。


走った後の達成感、爽快感。

本を読んで新たなことが学べたうれしさ、積ん読がどんどん崩れ、デスクの上が片付いていくスッキリ感。

早寝早起きをして、仕事が異様にはかどる実感、日中の頭の中のスカッと感。


それらをじっくりと味わうのです。

逆に、

堕落した生活を続けた、腹のブヨブヨ感。イケてない感じ。

読みもしない本がどんどん積もり、インプットもせず自分が化石になっていく感じ。

遅寝遅起きで、日中ボーっと仕事し、全くはかどらず、組織にも貢献できてない感じ。


これらも味わってみます。


すると、身体の中では無意識に、今と以前を比較し、より「快」な方を選択するはずです。

私はこれで結構いつも頑張ることなく、行動を変えています。


とはいえ、『言うは易く、行うは難し』ということも確かにあるでしょう。

しかし、自分のことも出来ない人が、リハビリやコーチングを通じて、人の行動変容なんてお手伝いできるのか?ということも感じてしまいます。

「より良くなりたい」「より良い人生を歩みたい」
その純粋な思いから、目の前の地道なことをコツコツと変えていき、
それを自分自身が体現していきたいと、常に考えています。



今日も応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ 人気ブログランキングへ

posted by アニキコーチ at 17:30 | 福島 ☁ | Comment(0) | リハビリテーション

2013年04月12日

リハビリ職者向け仙台セミナー『その他大勢の療法士から抜け出す技術』5/25開催

今日は皆さんに特別なお知らせがあります。

5月25日(土)午後、仙台にてあの人気急上昇中、
起業系PTの亀田祐旭氏とジョイントセミナーを開催します。

タイトルは、『その他大勢の療法士から抜け出す技術』
早くもお申込みが10名程集まっているようです。


実は私自身、今年は自主開催セミナーをやる予定はありませんでした。

ですが、ある思いから、この東北の地で開催することを決断したのです。

今年に入り、ネット上では、リハビリ職での起業を煽るかのような動きがより活発化しています。
事実、亀田氏の起業セミナーも受講生が殺到。皆の関心の高さがうかがえます。
それもそのはず、PTだけで言えば今年も1万人超の方が輩出され、
今後この業界はどうなっていくのか?皆の不安は高まるばかりです。


しかし・・・

そんな動きは、都市部だけの動きのように感じられてなりません。

そう、悲しいかな、こちらの地方では業界がそんなことになっているともつゆ知らず、
このリハビリ業界がまだ安泰であるかのような雰囲気が蔓延しているのが正直なところです。

東北人として、そこに非常に危機感を感じたんですね。
この情報格差、意識格差たるや!

しかし、この東北にも、今の状況に危惧して、悶々と悩んでいる方も多いはずなんです。

そして、自分の将来を何とかしたい!一旗挙げたい!と考えている方もいらっしゃるはずです。

これを読んでらっしゃるあなたがそうじゃないですか?



話は変わりますが、私も「一応」理学療法士です。はい、正直そう言わざるをえないレベルです。
自分で言うのもなんですが、ネット上では腕自慢の療法士たちが凌ぎを削っている中、
私はこれまでロクに勉強もしてこなかった、片田舎の「超」三流療法士です。

ですが!

そんなさえない私でも、「ある考え方」に則り、「あること」をしたことによって
次々と状況が変わり、通常ありえない資格と年齢で老健の施設長になり、本やDVDもリリースし、
全国各地の講演で引っ張りだこ、プライベートも充実しています。
しかも、全国の有名療法士たちが、私のコーチングを受けて次々とブレイクしている・・・
この状況、面白いと思いませんか(笑)?

こんな私でも出来るのです。

実は、これには理由があります。

それを知りたくないですか?


正直、今までそれを明らかにしてこなかったのですが、この際ですので、
この地元のために貢献したい、というのが第一の思いでした。

ですので、自分の持つノウハウを全て明らかにする予定でいます

もちろん、亀田氏も出し惜しみ一切無しの方です。

ただ、申し訳ございませんが、一見さんや、他力本願の方、消極的な方はご遠慮下さい。
私たちは意欲的な方、将来を何とかしたいと本気で考えている方に対しては、全身全霊で応援いたします。



今回特別に、受講特典もご用意いたしました。

@「鯨岡栄一郎による『超』リーダーシップコーチングセミナー」DVDの半額券(5,000円相当)
A 私のコーチングセッション30分間無料お試し券(10,000円相当)


合計15,000円分を特典として、全員にプレゼントします。
つまり、特典だけでもセミナー受講費以上の価値がある計算になります。

特にAの特典はオススメです。ぜひ、これを利用して、コーチングセッションを無料で受けてみて下さい。


肝心のセミナー概要です。

その他大勢の療法士から抜け出す技術
〜療法士の仕事をしながら収入を増やす方法〜
〜徹底自己ブランディングと強み発掘の秘密〜


日時: 平成25年5月25日(土)12時30分〜17時30分

会場: 宮城県仙台市 仙台市情報・産業プラザアエル5階

受講料:12,000円

講師: 亀田祐旭 (理学療法士 かめだ整体室代表)
鯨岡栄一郎 (理学療法士 クジラオカ・コーチングオフィス代表)

申込方法: rsb52246@nifty.com まで、
氏名と職種・経験年数を記載の上、お申し込み下さい。



追伸)
一緒にジョイントさせていただく亀田先生は、実は三重県からいらっしゃいます。
ましてや、この2人の組み合わせで東北で開催すること自体、よっぽどのことがない限り、
もう無いと思います。ぜひこの貴重な機会をお見逃しなきよう、
ピン!と直感の来た方は「今すぐ」のお申込みをオススメいたします。



今日も応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ b_01.gif

posted by アニキコーチ at 15:55 | 福島 ☁ | Comment(0) | リハビリテーション

2012年09月10日

スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」

すでにFacebookなどで話題になっているようですが、
私の友人である杉長彬氏が、何とも面白いポッドキャスト配信を始めました。

その名も、
スゴ腕セラピストpodcast「リハビリ界のスゴい人に話を聞こう!」
http://rihasugoihito.seesaa.net/article/290839697.html

栄えある第1回目のゲストということでお招きいただき、先日インタビューをしていただきました。

 写真.JPG

いったい私のどこがスゴいのか?!ということは脇に置いておいて(笑)、
でも、本当に光栄ですよね。

すでに1回目の配信がされており、かなり好評と聞いております。
ただ、内容的にはまだまだ序章(笑)
これから回が進むにつれて、どんどんぶっちゃけトークになっていきますので、楽しみにしていて下さい。


それにしても、実際にやってみて、そして聴いてみて思ったのですが、
インタビュー形式って、どういう訳か面白い!

セミナーのような講義形式とは全く違う楽しさがあります。

その辺をふまえながら、お互いの人となりを感じていただけたら幸いです。

また、聴いていただき、何かやる気になるヒントみたいなものをつかんで頂けたらうれしいですね。


なお、私は前座みたいなものですので、これから続々と登場してくるであろう、
「スゴい」セラピストたちにご期待下さい!

http://rihasugoihito.seesaa.net/article/290839697.html



今日も応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ b_01.gif

posted by アニキコーチ at 01:43 | 福島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリテーション

2012年05月17日

リハビリ専門職のための実践コーチングセミナー in 仙台 開催しました!

12日、仙台にて「リハビリ専門職のための実践コーチングセミナー」を開催いたしました。

私自身、自主開催はもちろんのこと、仙台でお話しさせていただくこと自体、実は初めてでした。

 CIMG4111.JPG

やはり今多くのリハビリ専門職が、コーチングスキルを臨床において患者さんに
そして部下の教育に使っていきたい、と考えています。

全てのスキルを使いこなす、ということは、もちろんいきなりは大変なのですが、
現場でいかにそのエッセンスを導入していくか、そのポイントをレクチャーいたしました。

 CIMG4119.JPG

一般的には、まだまだコーチングというものは普及していませんから、
どういうことがコーチし、されることなのか。

それを感じていただくために、私のセミナーではワークもしますし、デモンストレーションもやります。
資料においても、(通常あまりないと思いますが)虎の巻的なものも開示いたします。

実際、今回ご参加下さったみなさん、さすが非常に上手にワークをされていました。

 CIMG4114.JPG

その中の何人かがおっしゃっていました。
「このセオリー通りにやるのではなく、純粋に相手の話をもっと聴きたいという気持ちでやりました。」と。

そう、まずはそこが原点なんですよね。


3時間の中でも情報量がかなり多かったとは思いますが、
その中でご自分なりの“勘所”をつかんでいただけたら、という意図がありました。

その点で、まずはこの仙台セミナー、成功したのでは、との感触を得ています。



また、今回は地元仙台、宮城はもちろんのこと、遠く福島や岩手からもご参加下さいました。
厚く御礼申し上げます。ありがとうございました!

 写真(2).JPG


今日も応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ b_01.gif


『リハビリテ―ション専門職のための超リーダーシップ・コーチングセミナー』at東京
【日程】: 2012年6月16日(土)10:30〜16:30
【場所】: 高井戸地域区民センター (東京都杉並区高井戸東3−7−5)
http://ryouhousi.com/modules/seminar/detail.php?sm_id=1211

【私のセミナーDVDが発売になりました!】
若手療法士“この能力”だけは身につけたい! -コミュニケーション能力-
その他大勢の療法士と一気に差をつける『成功コミュニケーション術』セミナー収録DVD

http://ryouhousi.com/modules/seminar/detail.php?sm_id=1215


posted by アニキコーチ at 05:50 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリテーション

2011年07月01日

NHK福祉ネットワーク 『もっと歌いたいぜ』

以前、NHK教育テレビで放送された番組です。
http://www.nhk.or.jp/heart-net/fnet/info/0810/81015.html

現在も若年性パーキンソン病と闘っている、ロックバンド44MAGNUMのボーカル、PAUL氏。

 

 

 

 

こういった方たちに、私たちはリハビリ専門職として、どのようなことができるんでしょうか?


今、実は縁あって、彼と個人的に連絡を取らさせていただき、
微力ながらサポートしていきたいと思っているところです。

仕事とはまた別の場で、自分の強みを誰かのため・世の中のために生かし、
お役に立つことはとても大切なことではないでしょうか。

一ファンとして、一人間として、私は彼を応援していきたいと思います!



今日も応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ 人気ブログランキングへ





posted by アニキコーチ at 01:02 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリテーション

2011年06月08日

【動作分析能力】を身に付ける!

2011年7月3日開催の第1回 療法士.com主催セミナー
【若手療法士"この能力"だけは身につけたい! 
-動作分析能力・コミュニケーション能力・療法士業界の今後を考える能力-】

の告知動画 第2弾!!


今回は、【動作分析】のスペシャリスト 園部俊晴 先生のインタビューです。



先生の話をうかがうと、否が応にも期待が高まってしまいますね!


↓↓お申し込みはぜひ、こちらから↓↓
http://ryouhousi.com/modules/seminar/detail.php?sm_id=587


スポーツ外傷・障害に対する術後のリハビリテーション [単行本] / 園部 俊晴, 今屋 健, 勝木 秀治 (著); 大見 広道 (編集); 谷本 健 (イラスト); 内山 英司, 岩噌 弘志 (監修); 運動と医学の出版社 (刊) 医療従事者のための「効果的な文章の書き方」入門 (医療従事者のためのスキルアップシリーズ) [単行本] / 園部 俊晴 (著); 運動と医学の出版社 (刊)



今日も応援クリックありがとうございます!
 にほんブログ村 経営ブログ コーチへ b_01.gif

posted by アニキコーチ at 02:43 | 福島 | Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリテーション

2011年04月01日

リハビリテーションにおける動機づけとは

【リハビリにおける動機づけについて】

うちの会社のホームページに書いた記事に加筆して掲載いたしますね!

==============================

介護予防のみならず、福祉・医療分野において、その方の意欲向上や動機づけというのは、
実はとても重要な部分です。場合によっては、その意欲如何で元々のリハビリや治療の進み具合を
左右することにもなります。

しかし日本において、この動機づけ・モチベーションの向上といったあたりの話が、
意外に触れられていません。実は、リハビリやケアサービスを提供する側からの動機づけ、
やる気になる声かけは非常に重要なエッセンスとなります。


モチベーションや意欲が低下する要因には、色々と挙げられます。確かに、体の動きが不自由になり、
人の手を借りなければならない。また、ただでさえ単調になりがちな施設生活ですから、
なかなか元気を出しづらい、意欲が出ない、といった理由も多いかと思います。
もっている疾患そのものが関与している場合もあります。


現状でリハビリの回数もなかなか増やせない中、言葉によって勇気づけ、モチベーションを上げていくことは重要です。我われは、その方が行った動作の中で、ちょっとした変化を見逃さず、そこを褒めます。
この場合、「できた部分」をとらえるというところがミソで、「できていない部分」の指摘ばかりが続くと、
あまり面白味がなくなってくるのと同時に、混乱を起こし、意欲も低下してきます。

さらに言えば、「褒める」という行為はある種こちら側の評価が含まれている(つまり、こちらの基準以下の場合、褒めることができない)ので、一番いいのが、コーチングにおける『承認 Acknowledgement』です。その人の行為自体を認めて、伝える(フィードバックする)ということです。

『承認』は相手の行動エネルギーを高めます。

例えば、
@「よくやりましたね」「すごいですね」「がんばりましたね」
A「髪を切ったんですね」「今日は顔色がいいですね」「今朝は早いですね」
B「助かりました」「ありがとうございます」「うれしいです」


どうでしょう。何となく雰囲気に違いがあるのが分かりますか?

@は『結果を伝える承認』です。最も一般的に使われていると思います。
Aは『事実を伝える承認』です。褒められているわけではないが、自分のことをよく見ているのが伝わってきて、何となくうれしい感じがします。
Bは『気持ちを伝える承認』。自分の率直な気持ちをそのまま伝える承認で、言われると最もうれしいかもしれません。Bは「私」を主語にして伝える、いわゆるI(私)メッセージと呼ばれるものです。


例えば、歩行訓練中に承認するとしたら、「今日も歩いてらっしゃいますね。」「前よりしっかりしてきたように感じますよ。」「一生懸命やっていただけると、私もうれしいです。」といった感じになります。
その行為や状態自体を認める、というイメージです。

人間誰しも自分を見てほしい、認められたい、褒められたい、という欲求がありますから、
こういった声かけはとても効果的です。


先日、あるテキストを読んでいましたら、特に高齢者の運動に関して「励まし」の効能が書かれていました。その声かけにも色々とバリエーションがあります。「よくやった!」「いいですね〜」「完璧!」「最高!」「素晴らしい!」「そんな感じ!」などなど。それに加えて、その方の名前を付け加えて言うと良いようです。「うまいですよ、○○さん!」のように。重要なのは、あまり神経質にならず、楽しくやればできる、
という雰囲気づくりです。簡単に言えば、どんどんのせていく、といった感じでしょうか。

そこをいくと、当苑のリハビリスタッフは皆「のせ上手」ですよ!見ると色々と工夫されているのが分かります。いつも笑いの絶えない楽しい雰囲気でリハビリが行われています。


リハビリにおいて、提供する側、受ける側ともに、ついついできない部分に意識が行きがち。でも不自由ながらも、今の時点で出来ていることも必ずあるはずです。確かに出来ているのに、いつまでも出来ている感覚にない。なかなか自覚できない。そう、「出来ないこと」ばかりに焦点が当たってしまっている状態です。
我われの役目はこうした声かけによって、「ここの部分は確かにできているんですよ」という意識づけ、動機づけをすることなのです。

たとえ小さなことでも、目標を見せる(イメージさせる)。一緒に考える。小さな成功体験をつくり、
その回数を重ねる。そして今の状態をフィードバックする。
その辺が自信になり、やる気へとつながります。



私自身、現在訪問リハビリにも行っておりまして、その最中にも上記のことを心がけて進めています。
通常のリハビリ、プラス言葉のエッセンスですね。そのせいかどうか、みなさん非常に意欲的にやって下さってますし、大きいのは、次回のリハビリまでに課題を自分で設定し、かなりの割合でそれを実行してくださることです。

みなさんが『楽しくて』『元気になる』・・そんなリハビリを目指したいものですね!!



参考文献:
Seniorcise  A Simple Guide to Fitness for the Elderly and Disabled  Janie Clark
・看護師のためのコーチングハンドブック  最上輝未子  心育研



今日も応援クリックありがとうございます!
 にほんブログ村 経営ブログ コーチへ b_01.gif

posted by アニキコーチ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリテーション

2010年11月14日

「ドラッカー理論」に基づいたブランド構築セミナー

先日の埼玉での研修会の次の日は、代官山にセミナーを受けに行っていました。

ジェームス・スキナー氏や池田貴将さんのプロデューサーでもある斎東亮完さんの、
「ドラッカー理論」に基づいたブランド構築セミナー 
ベストセラー作家・人氣セミナー講師の道

です。

 CIMG2654.JPG

結論から言うと、非常に大きなインパクトがありました。

内容的には、ドラッカー全経営思想の真髄である『ドラッカー5つの質問
1.我われの使命(事業)は何か?
2.我われの顧客は誰か?
3.顧客にとっての価値は何か?
4.我われの成果(Results)は何か?
5.我われの計画(Plan)は何か?

を元に、1日がかりで取り組んでいきました。


斎東亮完流の真骨頂は、USPよりもDNAの発見

まずは、「出現する未来」として、過去の延長線上にはない未来を創り出しました。
(上記1の質問)

そして、
自らのハートにスイッチの入る「使命」とは何なのか。
自分(自社)のスイッチが入るのは、誰か?
(上記2の質問)
を各種ワークを通じて明らかに。

また、後半では、競争のない独自のポジショニングを創り出す手法を学び、具体化していきました。
(上記4,5の質問)
これにより、今後の個人としての展開の大きなヒントが得られました。




1日セミナーのコンテンツがあまりにも濃厚だったため、
またさらに復習と自主学習を進め、インストールさせていきたいと思います。

 写真.JPG


そういえば、参加者もとんでもない方たちばかりが集まってきており、
自らの基準も否応なしに高まりましたね。


亮完流のスゴさを実感したのと、ドラッカーをさらに学び、現場に取り入れていきたい、
と改めて感じた超充実の1日でした・・


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【個人事業主・小さな会社の社長向け】
「ドラッカー理論」に基づいたブランド構築セミナー
ベストセラー作家・人氣セミナー講師の道

URL→ http://www.re-japan.tv/michi_s

【期間限定・1日セミナー】ご紹介・特別価格1万円(定価2万円)
東京:11月10日(水),13日(土)
大阪:11月17日(水),20日(土)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今日も応援クリックありがとうございます!
 にほんブログ村 経営ブログ コーチへ b_01.gif


 
posted by アニキコーチ at 23:59 | 福島 | Comment(2) | TrackBack(0) | リハビリテーション

2010年10月04日

県士会の研修会にて講演してきました

昨日、福島県理学療法士会の研修会にて講演してまいりました。

テーマは、『中間管理職のためのマネジメント手法
−相手のやる気を引き出すコーチング スキルとその考え方−』



県士会の研修会でこのようなテーマを扱うのは結構珍しいと思うのですが、
様々な年代の管理職の方々が多数ご参加下さいました。

 CIMG2500.JPG

前半では、組織づくりの考え方コーチングの土台について

・とにかく時代が変わり、パワー(答え)がシフトした。
・モチベーションマネジメント(人は何に動くのか)
・CS、ESの前段階に必要なこと
・認め合う風土づくり
・強みの発掘
・コーチングの考え方


後半は、特に「承認・伝達」についてと、質問(効果的な面談)についてご紹介しました。

全体を通じてワークを取り入れたり、5分間セッションの展示なども行いました。


おそらく参加された方たちにとって全く初めての概念も多かったかもしれず、
人によっては、これまでの常識がくつがえされた、いや、まだ概念的にはよく把握しかねる、
そんな方もいらっしゃったかもしれません。

質疑応答も白熱し(20分位?)、終了後も何人もから質問を受けるなど(これまた20分位?!)、
かなりの関心度があったように感じました。


この職種特有なものかもしれませんが、専門性を高めるための学習はかなり積んでおられるはずですが、
マネジメントであるとか、コミュニケーションの分野、相手のやる気を引き出すことというと、
ほぼ個々人の自己流のやり方に委ねられているのが事実。

それで上手くいくことももちろん多いでしょうが、そうでないことも・・・?


今回お話しさせていただいて、やはり現場ではみなさんチームのまとめ方や運営に
普遍的に苦労されているのが伝わってきました。


また、特に今回、単なる机上の空論や知識ではなく、私が現場で実際にやっていること
大切にしている考え方を実際例も交えながらお伝えすることができたので、
その辺が自分自身の「強み」だと再認識した次第です。



コーチングの学習をし始めてから、いつか自分の本職の県士会でお話しさせていただきたい、
というのが1つの目標でしたから、このタイミングでようやくそれを果たすことができ、
一定の満足度があるのと、今後もっとそれをより良くお伝えできれば、と決意を新たにしました。

学習と実践あるのみですね。ありがとうございました!!



今日も応援クリックありがとうございます!
 にほんブログ村 経営ブログ コーチへ 

posted by アニキコーチ at 23:59 | 福島 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | リハビリテーション

2010年07月16日

高専賃経営セミナー

昨日、こちら地元にて、某社主催の高専賃経営セミナーにちょっと参加してまいりました。

高専賃とは、高齢者専用賃貸住宅の略称。

※詳しくは、こちらをご参照下さい。
http://allabout.co.jp/career/careerwelfare/closeup/CU20080410A/
http://www.koujuuzai.or.jp/html/page07_02_08.html
http://www.chintai-guide.jp/reading_contents/reading_contents_kousenchin01.html


実は私も詳しく知っている訳ではなかったのですが、一定の居住水準等を満たせば、
有料老人ホームの定義から除外され、行政の規制にとらわれずに事業を始めることができる、と。

「賃貸借契約」方式であり、有料老人ホームと違い高額な入居一時金が不要。
現在、特養の待機者は全国で42万人(!)とも言われており、行き場のない高齢者のための
新たな手段としても注目されています。

その設置基準の低さから、様々な業態から参入しているケースもあるようです。

今はまさに玉石混合の状態。
ごくごく一部分のケースでは、ケアプランと利用料金のトラブル事例もあると聞いています。


私としては、今回のセミナーに出席して、制度面がよく分かったのと、その自由度の高さは確かに
魅力であると思いました。この近隣でもそういう動きが徐々に出てきていますから、
今後の事業展開の参考になりました。もっと色々と勉強しなくては!



今日も応援クリックありがとうございます!
 にほんブログ村 経営ブログ コーチへ 人気ブログランキングへ

 
posted by アニキコーチ at 23:58 | 福島 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | リハビリテーション

2010年06月08日

臨床実習指導に効くコーチング

ゆうべ、私のクライアントさんからメールをいただきました。
この方は、以前私が講師をした臨床実習指導者研修会も受講されています。

以下、抜粋してご紹介いたします。

================================

実習も半分を終えました。
同級生たち(親しい友人2人)は先週からの実習生を受け入れ四苦八苦していると、
電話やメールをくれました。

電話をくれた友人は、実習生が自信を失ってしまったことを心配していました。
「私だったらこう関わるよ」というような内容を伝えました。
そうすると、「○○ちゃんに相談してよかった。来週から質問してみる」と言ってくれました。
私の言葉が役に立ったんだと思います。

先生!やりましたよ!!

もう一方の友人は再来週に直接会ってお話をすることになりました。
頼ってくれる嬉しさを感じています。


また、金曜日の実習生のデイリーノートに嬉しい言葉があったので書き込みます。

@元気な声で
A迷ったら行動
Bスタッフの一員として

木曜日にこの3つの言葉を書いた紙切れを渡し、
「今日はこれらのことを考えながら動いてみよう!」と伝えました。

それを踏まえて、翌日のデイリーノートに
『今日は朝から積極的に動けていたのではないかと思う。あいさつもいつもより大きな声を意識して、
バイタルチェックの際も、利用者様に声をかけながら行うことができた。今までも、そうしようと思って
動いていたが、今日はいつもより何かが違うぞ!!と思いながら、"積極的に"できた。
フロア内では、トランスファーの介助、トイレ介助ができたので良かったと思う。
まだまだ、一人でできるレベルではないけれど、自分の動ける範囲で動けたので、
今後はさらにできる範囲を増やしていきたい。自分の気持ち次第で、物事が良い方向に進むか、
悪い方向に進むのか・・・決まっていくと思う。実習を行わせていただいて、せっかく「PTの立場、スタッフ」
としての位置づけで行動できるチャンスなのだから、今できることは何かを考えながら、行動して、
多くのことを吸収したい
と思う。』

実習当初に、学生紹介書や話をしている中で自分と似ているなぁと感じました(笑)
なので、関わりやすい部分はあるのかもしれません。


あと半分、私ができることを探してより効果的に関わっていきたいと思います。

残りの4週間にコミットメントして私の考え得る最高の成果を実現させたいと思います!


今週のテーマは「自信ある言動」です。ありがとうございます。

================================

いかがでしょうか? 実習指導者(スーパーバイザー)がコーチングを受けると、このようになります(笑)
ちなみに、彼女は今回が初めての実習指導なんですよ!

もちろん、この成果は彼女の愚直な実践の賜物なのですが、
ここまでの経過にただ驚くばかりというか、正直震えるような思いです。
詳しくはご紹介できないのですが、去年までの彼女はこのメールでの様子と正反対でしたから・・・

コーチングを受けることによって、学生とどのように関わるのが効果的なのかが、
教育手法・あり方も含めて身をもって分かるようですね。
臨床実習指導領域におけるコーチングの可能性について、改めて認識した次第です。



もしこの辺に興味がある方がいらっしゃいましたら、私が研修で使用した資料をお分けいたします。
ぜひ、遠慮なく左カラムのメールボックスからご連絡下さい。

どうぞよろしくお願いいたします!



今日も応援クリックありがとうございます!
 にほんブログ村 経営ブログ コーチへ 人気ホームページランキングへ



リハスタッフのためのコーチング活用ガイド

リハスタッフのためのコーチング活用ガイド

  • 作者: 出江 紳一
  • 出版社/メーカー: 医歯薬出版
  • 発売日: 2009/05
  • メディア: 単行本


posted by アニキコーチ at 00:12 | 福島 | Comment(7) | TrackBack(0) | リハビリテーション

2010年05月06日

新しい仲間

本日から私たちの職場に、以前からブログ友達であり、リアル友人でもあるメタルOTさんが、
一緒に働いてくれています!

■価値ある作業を探して… -メタルOTのブログ-
http://metal-ot.cocolog-nifty.com/blog/


実はかなり以前から話は進めてきたのですが、とうとうこの時が来ました。

早速メンバー達と打ち解け、いいスタートをきれているようです(笑)


やっぱり、この春というシーズンに、新しい仲間が増える、というのは刺激になりますし、
本当にうれしいものですね。



知識も経験も申し分ない彼のこと。きっと部内外に新しい風を吹き込んでくれることでしょう。


私も色々と教わっていきたいと思います。

この場をお借りいたしまして、メタルOTさん、どうぞよろしくお願いいたしますね!



↓今日も応援クリックありがとうございます
 b_01.gif
posted by アニキコーチ at 23:30 | 福島 | Comment(4) | TrackBack(0) | リハビリテーション

2009年12月15日

東北理学療法学術大会へ

写真.jpgこないだの日曜日朝はふらりと一人仙台へ。

ちょっと思いつきで第27回 東北理学療法学術大会
見に行ってまいりました。


その中で、『職域や対象者の多様化と理学療法士に求められる
コミュニケーションスキル』
というテーマでエンパワーメントスクール ソレイユ福田裕子先生のセミナーがありました。

事前のリサーチで、福井県を中心にコミュニケーションなどの研修講師を中心に活動されている
理学療法士の方、と知り、ぜひお会いできないかと思い今回行った訳です。


内容は@リスニングスキルAアサーションスキル といったことを中心に、カウンセリングの概念
(SATソーシャルスキルトレーニング)をベースにお話されていました。とても興味深い話でしたね。


中でも、「小目標化までの構造化された質問の例」が私のストックの中には無かったものばかりで、
非常に参考になりました。早速モデリングさせていただこうと思います(笑)


実際の講演では、先生のとてもエモーショナルな話し方に引き込まれていた方も多かったように感じました。進行の仕方や実例を交えた内容になるほどと思わされた部分が多々ありましたね。



終了後は、わざわざ時間を割いていただき、実際にお会いし意見交換をさせていただきました。日本の違う地域で似たようなテーマで活動されている方の存在にうれしくなりましたね。お会いしに行った甲斐がありました。ありがとうございました!

(唯一、2ショット写真を撮り忘れたことが心残りでした・・・w)



エンパワーメントスクール ソレイユ
http://www.kuchikomimap.com/10320/



 banner_02.gif
posted by アニキコーチ at 22:40 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリテーション

2009年07月09日

素晴らしい年の重ね方

私がリハビリテーションを行っていく上で、対象の方はやはり私よりもはるかに先輩である場合が
多いので、みなさんの体験や経験、知識を逆にこちらが教えていただくスタンスを大切にしています。


最近もとても素晴らしい方に出会いました。


年齢は80代後半の男性。今も現役で自分の経営する会社で働いています。

生きがいはズバリ『勉強』,『読書』です。有名な資格をいくつも持ち、
それを元に働いてらっしゃいますが、現在も新たな資格取得を目指し、準備中とのこと(!)


物覚えが悪くなっている、とのことで、勉強や読書は1日2時間、音読だそうです。スゴすぎる・・・たらーっ(汗)
(奥様はそれがうるさくて寝られない、と冗談でおっしゃってましたが)


足に多少不自由さがあり、今回リハビリのご依頼があった訳ですが、
それにしても見た目的にもエネルギーがギラギラしているのが分かります。


やっぱ、これですよね!

年をいくら重ねたとしても、自分の目標を持ち続けて、それにまい進し続ける。
家族がもはや止められないくらいの夢を持っている(笑)


私もこうでありたいな〜。

これから週1でお宅におうかがいする予定なので、
成功のエッセンスなどを色々と吸収してまいりたいと思いますわーい(嬉しい顔)



 b_01.gif

posted by アニキコーチ at 12:45 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリテーション

2009年06月24日

最近はこんな本を・・・

最近も5〜6冊くらいの本を同時進行で読んでいるのですが(ていうか、どれも一向に進んでいない、ということですが・・たらーっ(汗))、私としては珍しく(!?)下のような脳梗塞関係の本も読んでいました。


どちらも、実際に脳梗塞になった当事者の視点で書かれています。
当然、実にリアルな描写であり驚きも多々ありました。

と同時に、アメリカでのリハビリテーションや医療の事情がよく分かり、とても参考になりましたね。


また新たな視点でご利用者さんにリハビリサービスをご提供できそうですグッド(上向き矢印)



 blogram投票ボタン

  
posted by アニキコーチ at 06:25 | 福島 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | リハビリテーション

2009年04月29日

県作業療法士学術誌に・・・

先ごろ発行された、今年の福島県作業療法士学術誌に私のコーチングに関する論文が、
な、なんと巻頭特集として載ってますよ〜! ビックリですーーーむかっ(怒り)

CIMG0726.JPG作業療法士(OT)の学術誌に理学療法士(PT)が、ということで
ちょっと恐縮いたしますが・・・たらーっ(汗) 
(普通はなかなか無いことだと思うのです)


タイトルはズバリ
『リハビリテーションに活かすコーチング・スキル』

今、私が考えていることをみなさんに分かりやすく入れ込んだつもりです。(ちなみに、これをまとめるにあたっても、2回セッションを受けているんです)


関係者から何らかの反応があったらうれしいですね!

これを読んでみたい方は・・・・、何とかして手に入れてみて下さい(笑)!ダッシュ(走り出すさま)



実は、この企画は友人のメタルOTさんからいただきました。このような素晴らしいチャンスをいただいたことに心から感謝ぴかぴか(新しい) 今度何かお返ししなければいけませんね(笑) ありがとうございました!

※こちらもチェック!→ 『価値ある作業を探して・・・−メタルOTのブログ−』



 人気ホームページランキングへ

posted by アニキコーチ at 07:55 | 福島 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | リハビリテーション

2009年03月01日

『年を重ねる』を効果的にサポートする

私が職場のホームページに掲載した記事を、抜粋してご紹介いたしますメモ

================================
私がリハビリを行う上で心がけていることは、出来るだけ普通の生活者としてご利用者様と接していきたい、ということです。例えば、かつて何人もの部下を抱えてバリバリ働いていた方、女手一つで何人もの子供を育て上げてきた方・・・。みなさんそれぞれの歴史を背負ってここまで生きてこられた方たちです。
 
私は会話の中で、みなさんの過去の経歴や知識、これまで培ってきたことなどを中心におうかがいしています。むしろこちらがアドバイスを頂く、というスタンスです。すると、みなさん生き生きしてその当時のことや、考えていることを語って下さいます。こちらも非常に学ぶことが多いんです。やはり、自分が役に立つ存在だ、ということが感じられる瞬間が、人間として輝ける瞬間かもしれませんね。

もちろんみなさんの背景にある疾患は様々なのですが、よく観察すると、年齢と若々しさや活気は必ずしも比例していない、ということに気付きます。いったいどこにその違いがあるのでしょうか?
 

実は、その人の表情姿勢日々心がけていること言葉使い・・などに違いがあります。
言葉使いや、物の考え方というものは、それこそ十人十色で違いがあるものですが、人それぞれ習慣となっていることが、その人の価値観や生活信条を形成しているのです。
つまり、これまでの人生の積み重ねが「今」ここに現われているわけです。
 
障害としては重いのに、それを感じさせない前向きさ、明るさを感じさせる方、状態は比較的良いのですが、何かにつけて不平不満を口にしている方、後ろ向きな方・・・
 
 
今の心の状態(state)は、1. 焦点(focus)、2. 言葉使い(language)、3. 身体の使い方(physiology)から構成されていると言われます。
 
例えば、悲観的な言葉(例:「もうこの先長くない」「死んだ方がましだ」など)を常に口にしている。
すると、焦点はおのずと体の思うようにならない部分や悩みの方へ。そして、姿勢が前傾傾向でうつむきがちであれば、必然的に心の状態も下降気味になります。
 

この中で、言葉使いを変え焦点を変えるためには、
例えば、1. 言葉に新たなレッテルを貼る,2. リフレーミング(reframing),3. 比喩(メタファー)などのテクニックがあります。
 
今回は、リフレーミングについて簡単にご説明します。
フレーム(額縁)を変えると、絵も写真も以前とは違った雰囲気に感じますよね?そう、物事のフレームを変えると「意味」が変わります。「意味」が変わると、「反応」や「行動」が変わります。すると、より広い自由な選択肢が与えられ、あらゆる出来事に「プラスの意味」があることが分かります。
 
例)
「失敗してしまった」→「次に失敗しないための、いい体験をしましたね」
「何でも私に押し付けられる」→「頼りにされてるんですね」
「最近調子が出なくって・・・」→「今じっくり力を蓄えているんですね」
 
いかがでしょう? 
物事の事実としては同じなのですが、視点を変えることによってそれに対する感情がすぐに変わるんです。「物は言いよう」ということにも似ていますね。


当苑のリハビリでは、コミュニケーションも重視した親身な関わりをモットーとしているのですが、ご利用者様からも、「ここに来ると笑いが絶えない」「ここに来るとホッとするね」など、ありがたい声を頂戴いたします。

リハビリ中は、私たちとの関わりによって焦点が違うところに当たり、運動や訓練を通じて、体の動かし方が変わります。そして、気持ちや感情に変化が生まれます。つまり、心と体の好循環ですね。


人間の共通の願いは、「元気に年をとりたい」ということだと思います。しかし、我われが生物としてこの世に生きている以上、細胞レベルでの老化は避けられません。まして現代は、アンチエンジングや脳年齢などに代表されるように、「若いことが全て」みたいな風潮があります。また、今まで元気だった体が日に日に動かなくなっていく、同世代の友人が亡くなられていく・・といったことは言いようのない寂しさがあると思いますし、その感情は計り知れません。
 
このように、年を取るということに関して、誰もがネガティブなイメージを持っていますが、
「活き活きと」年を重ねることは悪くないことだ!と思うのです。
 

『今日』という日の積み重ねがまさに人生であり、1日1日を元気に精一杯過ごす。
まさに、私自身も今からそうありたいと思っています。それが健康に暮らすことの原点ではないでしょうか。
 
リハビリテーションサービスを通じて、少しでもみなさまの生きがいづくりや元気になるお手伝いをしたい、
というのが我われの願いです。
 
 
【参考文献】
1)NLPコミュニケーション術  木村佳世子  秀和システム  2007
2)一瞬で「自分の夢」を実現する法  アンソニーロビンズ  三笠書房  2007
3)AWAKEN THE GIANT WITHIN  Anthony Robbins  FREE PRESS  1991



 人気ホームページランキングへ

   
posted by アニキコーチ at 12:38 | 福島 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリテーション